青い空の真下で

生まれたところや、皮膚や、目の色で

いったいこの僕の何が分かるというのだろう

運転手さんそのバスに、僕も乗っけてくれないか?

行先なら、どこでもいい、こんなはずじゃなかっただろ

歴史が僕を問い詰める、まぶしいほど、青い空の真下で

・・・ふと、懐かしくも新しい、この歌の歌詞が浮かびました

GALLERYアーカイブ