影を追いかけて

午前8時に注ぐ日の光は

エネルギーと優しさに満ちていて

光の当たる対象の本質を映し出す気がしています

それは影が語ること

美しさでも醜さでもない、ただただ本質のままに

誰のためでもない自分のためにここにいるのだと言わんばかりの堂々としたものを感じます

やはり植物の持つ強さにはいつも感動させられてしまいます

寄せ植えの中の一つ一つの主張がはっきりと見て取れる

普段気づかない様な色や形に、少しづつ変化している毎日に

こちら側から気にしてみるのもとても大切なのかもしれませんね

光と影、表と裏、陰と陽、いろいろな言い方があるとは思いますが

そのどちらの側面も一つのものとしてとらえること

表面的な部分だけではない裏側や中身に意識や目を向ける

僕たちには大切なのかもしれませんね

群馬県高崎市の家具屋で販売、お待ちしております。今日も一日皆様にとって良い一日になりますように。

GALLERYアーカイブ