そのままと変化の中間点

変化の中間点 それはもともとあったものが変わっていく途中の段階です

そこでふと気づく時があります そのままでもいいと思えるものに

人によっては様々ですが、必ずしも新しいことが一番いいとは限りません

これはリノベーションしたT`s Garage Furnitureの画像ですが 緑のタイル部分は前の建物のままになっています

どうせなら一新してしまえば、、、なんて思う人がいるのも当たり前ですが、タイル部分を残し他を新しくすることによって

タイル部分はそのままなのに関わらず、タイルに「新しい価値」が付くじゃありませんか

これはリノベーションの理念そのものだと思います

見る人によっては古くゴミのようなものに見えても 少し変えてやれば新しい価値観を生むアートになる

自分の祖母はよく使い古したタオルをぞうきんに変え新しい価値を生んでいました

今思えばれっきとしたrenovationだったと思います

今あるものに付加価値をつけて別の価値観を生む

「変化」と「そのまま」どちらも大切にすることによって「魔法」のような瞬間をつくれるのだと確信しています

 

群馬県高崎市の家具屋にてお待ちしております

GALLERYアーカイブ