無垢材と突板の家具について

50

こんにちは。

ティーズガレージファニチャースタッフのemikoです。

皆さんは家具を購入した後、お手入れされてますか?

せっかく気に入ってわが家へ迎え入れた家具ならば、

愛着をもって長く使い続けたいですよね。

 

お手入れの前に、まず家具を知ることから!

木の家具には、無垢材で作られた家具と、突板で作られた家具、大きく分けて2種類あります。

 

 

高崎市の家具屋の無垢材テーブル

まずは、無垢材家具

文字通り無垢材で作られた家具です。

無垢と聞くと、純粋なイメージですよね。

家具における無垢材も森で育った純粋な木を切って、加工してつくられた木材のことを指します。

とても頑丈で、重厚感を感じられます。

また、年月を経て風合いが増していくことも無垢材の魅力です。

ただ、メリットばかりではなくデメリットも。

無垢材は乾燥によるひび割れや反りが起こりやすいと言われています。

丈夫な塗装をされたものを選んだり、きちんとお手入れすることで状態を保つことに繋がります。

 

群馬県高崎市の家具屋で販売するオーク材の突板で作られた家具

次に突板家具

突板とは、

木を薄~くスライスしたもの+ベニヤ板+MDFなどの合成材でできた芯材

を合わせ、1枚の板のように仕立てられたものです。

表面は本物の木なので風合いを感じられるうえ、

軽量で扱いやすく、価格が安価なことがメリット。

デメリットを上げると、

表面に傷が付いてしまった場合にベニヤがむき出しになるため修復が難しいところ。

毎日触れる場所では劣化も早いため、長く使い続けるには向いていないかもしれません。

 

それぞれメリット・デメリットがあります。

長く使い続けたい家具は無垢材を選び、

触れる機会が少なくデザイン性のある家具は突板、

というように、用途やシーンによって選ぶことがおすすめです!

 

今日は、無垢材家具と突板家具の違いについてのお話でした。

今度はそれぞれの家具を使っていく時にはどんなお手入れ方法があるのか?

ということをお話ししたいと思います。

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!

 

 

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。