TVボードの必要性についての考察~勉強日記~

34

皆さんこんにちはT’s Garage Furnitureのタケアキです

今日は店舗にもあるTVボードについての考察や必要性について勉強してみました

皆様もお時間ございましたらご一緒に

furniture20201202

テレビボードは一般家庭に広く普及しているテレビの「置き台」として不可欠な家具です

用途の性質上、テレビを観るのに丁度良い高さの物を選ぶことが重要ですが、テレビボードは様々なデザインの物が作られているので選択の際には様々なことを確認する必要があり

単にテレビを置くだけではなく、空間との調和が取れていることが長く使い続けるための条件のひとつです

とまあ色々と考えなくてはならなそうですが、自分としましてはカッコイイかそうではないかの二択くらいでいいと思っています

本来の使い方でもそうでなくても、家に住み、家具を使う方が満足した使い方が出来ていればその家具は幸せです

大量に生産され、大量に処分される家具達からしたら尚更です

Board サイドボード TVボード

話が逸れましたがT’s Garage Furnitureの店舗にもある「Klokken」のボードやTVボードはデザイン、造り共にとてもオススメです

曲線を描いた力強い脚や、立体的で掴みやすい取っ手など、存在感のある美しいテレビボードです

チーク材の木目が美しく、落ち着いた色合いに高級感があり、幅は160cmと中型から大型のテレビに対応しております

ソファに座って画面を見やすい高さに作ったそうです

引き戸内の中央に配線用の穴を開けることで、上下どちらにもAV機器を置くことができ、棚板は取り外しも可能

引き戸のレールを木製にすることで開閉時に優しい音がしたり、真鍮メッキのダボを使用するなど、細部まで北欧ミッドセンチュリー家具の素材や構造にこだわったテレビボードです

TV-board20201217

KlokkenのHPより抜粋<ヴィンテージ北欧家具を扱う会社の手から生まれた、Klokken>

「デンマークの人々と対話を重ね、暮らしや文化に触れながらヴィンテージ北欧家具を追い求めてきた私たち

良質なユーズドの北欧家具が年々減少し、手に入れるのが困難になった今、現代の暮らしに調和するようサイズを見直したり

ヴィンテージ北欧家具には存在しない新しいアイテムを具現化することが急務であると考えました

北欧デザイン家具Klokkenは、希少なオールドチーク材を使用し、本物の素材や手仕事での製造にこだわることによって、ヴィンテージ北欧家具と絶妙に融合する質感に仕上げる事ができました

すべてのヴィンテージ北欧家具がはじめは新品だったことを想像しながら、私たちはゆっくりと育ててもらえる家具づくりに取り組んでいます」

すごい熱量ですね、僕も一つの家具を丁寧に大切に使っていきたいと思います

ここまで読んでいただきありがとうございました、また何かの機会に、タケアキ

木材についてのブログはこちら

https://ts-garage-furniture.com/20201212-2-886.html

T’s ALL Works HP(本社、建築)

https://teazclean.com/

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。